国際競争が激化する現代において、企業の知的財産の有効活用はますます重要性を増しています。
いくら優秀な技術を持っていても営業力に反映できなければ優位性を保つことはできません。
そのためには企業の持つ独自の技術を特許申請し所有権を持たなければなりません。
特許権を得ることでその技術を独占して製造や販売をすることができ、他社が特許権に関する商品を製造したり販売しているのを排除することができるのです。
ご存知のように日本の産業は9割を超える中小企業がその屋台骨を支えています。
しかしながら大企業に比べると特許などの知財活用が大幅に遅れているのが現状です。
そこで政府はこのたびの知的財産政策基本方針で中小企業への支援強化策を盛り込むことを掲げました。
中小企業の海外展開や海外での権利取得から権利行使までの一貫した支援プログラムが予定されています。
また、特許などの出願費用についても国からの助成金が受けられる場合もあります。
この好機を捉えてビジネスの可能性を大きく広げてみてはいかがでしょうか。
特許申請などの手続きは非常に煩雑で企業活動を阻害することもあるようです。
ここはやはり専門家に任せた方が安心でしょう。
中小企業支援に特化した事務所もありますので参考になるかと思います。
中小企業の特許申請をサポート|至誠国際特許事務所